コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古市宗理(2代) ふるいち そうり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古市宗理(2代) ふるいち-そうり

?-? 江戸時代後期の茶人。
初代古市宗理の子。茶器の鑑賞にすぐれ,豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)につかえる。田香(でんこう)焼は宗理のすすめで創製されたという。号は自得斎,蝶夢

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古市宗理(2代)の関連キーワード茶人

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android