コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古市宗理(2代) ふるいち そうり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古市宗理(2代) ふるいち-そうり

?-? 江戸時代後期の茶人。
初代古市宗理の子。茶器の鑑賞にすぐれ,豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)につかえる。田香(でんこう)焼は宗理のすすめで創製されたという。号は自得斎,蝶夢

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古市宗理(2代)の関連キーワード茶人

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android