コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古市宗理(2代) ふるいち そうり

1件 の用語解説(古市宗理(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古市宗理(2代) ふるいち-そうり

?-? 江戸時代後期の茶人。
初代古市宗理の子。茶器の鑑賞にすぐれ,豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)につかえる。田香(でんこう)焼は宗理のすすめで創製されたという。号は自得斎,蝶夢。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古市宗理(2代)の関連キーワード石塚宗通(初代)古市宗庵(初代)古市宗也(初代)古市宗也(2代)古市宗也(3代)古市宗也(4代)古市宗也(5代)古市宗理(初代)古田斎宮(2代)山岡伝五郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone