コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古杯類 こはいるいArchaeocyatha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古杯類
こはいるい
Archaeocyatha

海綿に類似した化石で,先カンブリア時代後期から古生代カンブリア紀前期に繁栄。サンゴ海綿の中間的な性質をもつ独立した種類とみなされ,分類学上は門に位置づけられる。昔から分類上の位置が論議され,石灰藻,サンゴ,海綿などとみなされてきた。円錐あるいは円筒形の石灰質骨格が,内・外壁の 2層からなって,各壁に大小多くの穴があいている。代表属の Archaeocyathus からアーケオシアタスとも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の古杯類の言及

【アルカエオキアツス】より

…アーケオシアタス類または古杯類(こはいるい)とも呼ばれる。古生代のカンブリア紀前期から中期初頭にのみ知られる特異な海生の着生動物である。…

【カンブリア紀】より

… カンブリア紀の生物は,この時すでに大多数の綱classが出そろっている。カンブリア紀前期には古杯類という海綿類に近似の群体性動物が栄え,一種の単純礁を形成した。古杯類は以後まったく発見されていない。…

※「古杯類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古杯類の関連キーワードレセプタキュリテスアルカエオキアツス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android