コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古甲金 ココウキン

大辞林 第三版の解説

ここうきん【古甲金】

甲州こうしゆう金のうち、江戸時代になって幕府の管理となる前に造られたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古甲金の言及

【甲州金】より

…なお甲州金は大別次の5種類にわかれている。(1)古甲金(ここうきん) 元禄(1704)以前の甲州金の総称で,竹流金,判金,碁石金,太鼓判金等があり,表は無文のものが多く品位が高かった。(2)甲安金(こうやすきん) 1707年(宝永4)から14年(正徳4)に甲斐に封ぜられた柳沢吉保が,元禄小判改悪にならって改鋳したもの。…

※「古甲金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

古甲金の関連キーワード江戸時代古金大判幕府

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android