コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古甲金 ココウキン

デジタル大辞泉の解説

こ‐こうきん〔‐カフキン〕【古甲金】

甲州金のうち、元禄(1688~1704)以前に鋳造されたもの。以後のものを新甲金という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ここうきん【古甲金】

甲州こうしゆう金のうち、江戸時代になって幕府の管理となる前に造られたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古甲金の言及

【甲州金】より

…なお甲州金は大別次の5種類にわかれている。(1)古甲金(ここうきん) 元禄(1704)以前の甲州金の総称で,竹流金,判金,碁石金,太鼓判金等があり,表は無文のものが多く品位が高かった。(2)甲安金(こうやすきん) 1707年(宝永4)から14年(正徳4)に甲斐に封ぜられた柳沢吉保が,元禄小判改悪にならって改鋳したもの。…

※「古甲金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古甲金の関連キーワード江戸時代古金大判幕府

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android