古賀 逸策(読み)コガ イッサク

20世紀日本人名事典の解説

古賀 逸策
コガ イッサク

昭和期の電気通信工学者 東京大学名誉教授;東京工業大学名誉教授;KDD参与。



生年
明治32(1899)年12月5日

没年
昭和57(1982)年9月2日

出身地
佐賀県鳥栖市

学歴〔年〕
東京帝大工学部電気工学科〔昭和12年〕卒

学位〔年〕
工学博士〔昭和5年〕

主な受賞名〔年〕
日本学士院賞〔昭和23年〕,電気通信学会通信功績賞〔昭和25年〕,NHK放送文化賞〔昭和29年〕,紫綬褒章〔昭和31年〕,郵政大臣賞(電波功労者)〔昭和37年〕,文化勲章〔昭和38年〕,勲一等瑞宝章〔昭和45年〕

経歴
東大講師、東工大助教授を経て、昭和14年教授、19年東大教授、33年工学部長を歴任し、35年退官。7年温度の影響を受けない水晶振動子「AT板」を発明した。38年文化勲章受章。51年学士院会員となる。中央教育審議会委員なども務めた。著書に「圧電気と高周波」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

古賀 逸策 (こが いっさく)

生年月日:1899年12月5日
昭和時代の電気通信工学者。東京大学名誉教授;KDD参与
1982年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android