コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀仁右衛門 こが にえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀仁右衛門 こが-にえもん

?-? 江戸時代前期の公共事業家。
元禄(げんろく)(1688-1704)のころの人。筑前(ちくぜん)(福岡県)上座郡入地(いりじ)村の大庄屋。久保鳥川井堰工事や荒地開墾などにつくした。名は重定。著作に「朝倉紀聞」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古賀仁右衛門の関連キーワード元禄

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android