コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀仁右衛門 こが にえもん

1件 の用語解説(古賀仁右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀仁右衛門 こが-にえもん

?-? 江戸時代前期の公共事業家。
元禄(げんろく)(1688-1704)のころの人。筑前(ちくぜん)(福岡県)上座郡入地(いりじ)村の大庄屋。久保鳥川井堰工事や荒地の開墾などにつくした。名は重定。著作に「朝倉紀聞」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古賀仁右衛門の関連キーワード公共事業評価監視委員会減少する国の公共事業費財政再建と公共事業費国の公共事業費阿部重頼網屋吉兵衛石井盈比大植啓治片岡倉吉宮路朔之進

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone