コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀忠雄 こが ただお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀忠雄 こが-ただお

1903-1979 昭和時代の彫刻家。
明治36年2月3日生まれ。昭和4年帝展に初入選。14年新文展で「岬の男」が特選,18年新文展の「建つ大東亜」で芸術院賞。戦後は42年芸術院会員となり,日展理事,日本陶彫会会長などをつとめる。古賀忠雄彫刻の森が郷里佐賀市にある。昭和54年6月10日死去。76歳。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古賀忠雄の関連キーワード佐賀県立美術館中村晋也昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古賀忠雄の関連情報