コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀稔彦 こが としひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀稔彦 こが-としひこ

1967- 昭和後期-平成時代の柔道選手。
昭和42年11月21日生まれ。東京の世田谷学園高から日本体育大にすすむ。背負い投げを得意とし,平成元年と3年の世界選手権71kg級で優勝。4年バルセロナ五輪71kg級で左ひざをいためながらも金メダル。7年の世界選手権では78kg級で優勝。8年アトランタ五輪78kg級で銀メダル。12年引退,全日本女子柔道チーム強化コーチに就任してアテネ五輪金メダリスト谷本歩実(あゆみ)をそだてた。福岡県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

古賀 稔彦


芸名
古賀 稔彦

性別
男性

出身地
佐賀県

職種
スポーツ

プロフィール
中学進学と同時に上京、東京・世田谷の「講道学舎」に入門し、弦巻中学、世田谷学園高時代に数々の全国大会を個人・団体戦で制覇。日本体育大学進学後“平成の三四郎”の異名をとり、1987~1992年全日本選抜体重別選手権をはじめ、1989年・1991年の世界選手権を連覇。1992年のバルセロナ五輪では、大会直前の大ケガを背負いながらも金メダルを獲得、両手を広げ雄たけびを上げ、日本中の感動を呼んだ。その後1996年アトランタ五輪では銀メダルを獲得。2000年4月に現役引退。その後、人の夢の後押しをする指導者の道に魅せられ、「指導者・古賀稔彦」として全日本女子柔道チーム強化コーチを務めるかたわら、2003年4月からは子供の人間育成を目的とした町道場「古賀塾」を開塾。2004年のアテネ五輪では、金メダルを獲得した谷本歩実のコーチとしても脚光を浴び、愛弟子を称えた抱擁のシーンは感動を呼んだ。また、各地で講演を積極的に行い、目標を持つ素晴らしさとそれを達成する心のあり方を明快に伝えている。2007年4月からは、IPU環太平洋大学体育学部体育学科教授、柔道部総監督として活躍している。

代表作品
著書『古賀稔彦の一本で勝つ柔道』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

古賀稔彦の関連キーワードバルセロナ・オリンピック競技大会尾形美保子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古賀稔彦の関連情報