コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二川幸夫 ふたがわゆきお

知恵蔵miniの解説

二川幸夫

建築写真家、建築批評家。1932年11月4日、大阪市生まれ。早稲田大学卒業後、57年~59年にかけて発行された『日本の民家』全10巻にてデビュー。同書は、日本民家の最期の美しさにカメラを向け、59年度の毎日出版文化賞を受賞した。その後世界各地を渡り歩き、70年に建築専門の出版社「A.D.A.EDITA Tokyo」を創設。代表となり、建築デザイン専門誌「GA」などを発行した。97年、紫綬褒章受章。2013年3月5日、腎盂ガンのため死去。享年80。

(2013-3-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二川幸夫 ふたがわ-ゆきお

1932-2013 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和7年11月4日生まれ。34年「日本の民家」で毎日出版文化賞。45年建築専門の出版社を設立し,雑誌「GA」を主宰,国際的な評価をえる。58年GAギャラリーを開設。59年芸術選奨。平成9年日本建築学会文化賞。平成25年3月5日死去。80歳。大阪府出身。早大卒。写真集はほかに「現代の数寄屋」「木の民家・ヨーロッパ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二川幸夫
ふたがわゆきお
(1932―2013)

建築写真家。大阪市生まれ。建築専門出版社エーディーエー・エディタ・トーキョー主宰。旧制都島(みやこじま)工業高校で建築を学んだ後、早稲田大学文学部に進学。美術史、建築史を専攻するかたわら建築写真に強い関心を示し、大学在学中より全国各地の建築物を撮影して旅行する。大学を卒業した1956年(昭和31)以降は写真撮影に専念、処女作『日本の民家』(1957~1959)は大学在学中から約6年間かけて日本全国を旅行してまわった丹念なフィールドワークと記録性が高く評価され、1959年の毎日出版文化賞を受賞した。この作品集に文章を寄せた批評家伊藤ていじ(1922―2010)とは、以後も『日本建築の根』(1962)や『数寄屋』(1967)など、日本の伝統家屋をめぐる作品でしばしば協働する。その一方で処女作の成功によって建築写真家としての地歩を築いた二川は、1960年代以降は撮影の対象を海外建築にも広げて世界各地を撮影旅行し、1967年から1970年にかけて『現代建築家シリーズ』を刊行する。それは、フランク・ロイド・ライトをはじめル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエ、アルバ・アールト、リチャード・ノイトラ、フィリップ・ジョンソンなど、モダニズム建築の巨匠の代表作を数多く収めた本格的な作品集であった。
 1970年には東京・千駄ヶ谷にエーディーエー・エディタ・トーキョーを設立、二川の建築写真は以後もっぱら同社の刊行物を通じて発表されるようになる。なかでも会社設立と同時に創刊された建築写真誌『GA(Global Architecture)』は「近現代建築の百科事典」を標榜する網羅的、啓蒙的な性格の強いもので、世界各地の著名な建築を大判の写真で数多く紹介。そのほか『GA Japan』『GA House』『GA Document』『GA Contemporary Architecture』など、撮影対象の多様化にともなって姉妹誌を増やしていった。また書籍でもライフワークともよぶべきフランク・ロイド・ライトの全作品写真撮影を行い、『フランク・ロイド・ライト全集』(1985~1991)として刊行。世界でも類例のない試みとして国際的な評価を得た。1983年には会社所在地に日本初の建築専門ギャラリー「GAギャラリー」を開廊して新たな作品発表の拠点とした。
 空間のバランスやディテールの完成度、さらには建築を取り巻く周囲の環境への理解が行き届いた写真術に定評がある一方、日本では馴染(なじ)みの薄かった建築写真というジャンルを切り拓いたパイオニアとしても評価が高く、内外の多くの建築家から厚い信望を得ていた。仕事上のモットーは「建築を理解することは旅から始まって旅で終わる」。AIA(アメリカ建築協会)賞写真賞、毎日デザイン賞、芸術選奨文部大臣賞、日本建築学会賞文化賞など多くの受賞歴があり、1997年(平成9)には紫綬褒章を受章した。[暮沢剛巳]
『「シリーズ紙短情長」(『AXIS』2000年7、8月号・AXIS出版) ▽二川幸夫撮影・伊藤ていじ解説『日本の民家』全10巻(1957~1959・美術出版社) ▽二川幸夫写真・伊藤ていじ文『日本建築の根』(1962・美術出版社) ▽伊藤ていじ・二川幸夫・田中一光著『数寄屋』(1967・淡交新社) ▽二川幸夫撮影『現代建築家シリーズ』全15巻(1967~1970・美術出版社) ▽二川幸夫企画・撮影『フランク・ロイド・ライト全集』(1985~1991・エーディーエー・エディタ・トーキョー) ▽磯崎新著『反回想』(2001・エーディーエー・エディタ・トーキョー)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

二川幸夫の関連キーワードライト(Frank Lloyd Wright)ジョンソン(Philip Johnson)ゲーリー(Frank O. Gehry)ホール(Steven Holl)ピアノ(Renzo Piano)ミノル・ヤマサキニーマイヤーテラーニノイトラ西沢立衛ルドルフスカルパチュミ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二川幸夫の関連情報