コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古金襴 コキンラン

デジタル大辞泉の解説

こ‐きんらん【古金×襴】

近世初期に中国から渡来したといわれる金襴。古渡り金襴。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こきんらん【古金襴】

古く、外国から渡って来た金襴。室町中期に渡来したものをいう。古渡こわたり金襴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の古金襴の言及

【名物裂】より

…印金,金襴,金紗などは仕覆としてよりも表装裂などに広く活用されてきた。特に古金襴として名高い〈興福寺金襴〉〈大灯金襴〉〈二人静金襴〉などは,それぞれに興福寺の帳に用いられた裂,大灯国師の袈裟であった裂,足利義政が《二人静》を舞った装束の裂といった由緒をもつものである。その他著名な金襴に花麒麟,竜爪,角倉,高台寺金襴をはじめとする唐草文の金襴などがある。…

※「古金襴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone