コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古鐘楼 こしょうろう

世界の観光地名がわかる事典の解説

こしょうろう【古鐘楼】

中国の甘粛(かんしゅく)省中部、河西回廊の東部に位置する、武威(ぶい)(ウーウェイ)市街の東北端にある古刹(こさつ)・大雲寺の古い鐘楼。この鐘楼は五胡十六国時代(304~439年)の前涼の時代に築かれたものだが、現在残っているのは明の時代に再建されたものである。この鐘楼には高さ2.4m、口径1.45mの銅の合金の鐘がかかっていて、「大雲寺銅鐘」、あるいは、明け方に撞かれていた鐘であることから「大雲寺暁鐘」とも呼ばれる。なお、大雲寺は1927年に地震で倒壊して、現在は、この鐘楼しか残っていない。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android