武威(読み)ブイ

百科事典マイペディアの解説

武威【ぶい】

中国,甘粛省中央部の都市。古名は涼州。蘭新鉄路(蘭州〜ウルムチ)に沿い,古来河西(黄河以西)回廊地帯の要地で,シルクロードの要地でもあった。羊毛・皮革と付近の農産物を盛んに集散。マルコ・ポーロはこの地をエルギウールと伝えた。100万人(2014)。
→関連項目張掖

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶい【武威 Wǔ wēi】

中国,甘粛省の中部,河西回廊地帯の都市。人口89万(1994)。蘭新鉄道(蘭州~ウルムチ)に沿う。古く姑臧(こぞう)県といい,前漢時代,前1世紀の中ごろここを中心として武威郡が置かれたのがその名の起りである。五胡十六国時代には前涼,後涼等の都となった。武郡はその後,涼州,西涼州などといわれたが,清代になって姑臧県は武威県と改名された。灌漑が発達し農業が盛んで,付近の農産物の集散地でもある。【日比野 丈夫】
[武威漢墓]
 漢代武威郡治の所在地であった武威県の城南10~15km,祁連(きれん)山麓台地上に多数の漢墓が群在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武威
ぶい / ウーウェイ

中国、甘粛(かんしゅく)省中部の地級市。1市轄区、2県、1自治県を管轄する(2016年時点)。常住人口181万5054(2010)。祁連(きれん)山脈の北麓、河西(かせい)回廊にあり、石羊河(せきようが)のつくるオアシスに位置する。黄河(こうが)の流域から西域(せいいき)への門口にあたり、古くは異民族の居住地であったが、漢代に武威郡が置かれ、西域統治の一拠点となった。のち南北朝時代に涼州(りょうしゅう)となり、その後もこの名でよばれた。清(しん)代に武威県と改められ、1985年武威市となった。
 しばしば異民族の占拠するところとなったが、河西地域のなかでももっとも豊かなオアシスで、農業や牧馬が盛んなためシルク・ロードの有力な都市として繁栄した。蘭新(らんしん)線、幹武線(幹塘(かんとう)―武威)が通じる。河西地域の文化の中心地で、大雲寺、西夏碑などの旧跡がある。[秋山元秀・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐い ‥ヰ【武威】

〘名〙 たけだけしい威力。武力の威勢。また、武家の威光。
※朝野群載‐一一・大治三年(1128)八月二八日・藤原親賢移遣配流人申文「近来国司、為彼武威、不奏委趣
※浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)一「武威海内に輝きて」 〔管子‐版法〕

ぶい ブヰ【武威】

中国、甘粛省中央部の都市。旧名姑臧県で漢の武威郡、のち歴代の涼州の中心地となったので涼州とも呼ぶ。シルクロードの通じる交易都市として栄え、五胡十六国の前涼、後涼など五王朝の都となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武威の関連情報