コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武威 ブイ

6件 の用語解説(武威の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐い〔‐ヰ〕【武威】

武力の威勢。また、武家の威光。「武威を輝かす」「武威を示す」

ぶい【武威】[地名]

中国、甘粛省中北部に位置する都市。古くは涼州と呼ばれ西域への交通の要所。五胡十六国時代は前涼後涼北涼の都。姑臧(こぞう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武威【ぶい】

中国,甘粛省中央部の都市。古名は涼州。蘭新鉄路(蘭州〜ウルムチ)に沿い,古来河西(黄河以西)回廊地帯の要地で,シルクロードの要地でもあった。羊毛・皮革と付近の農産物を盛んに集散。
→関連項目張掖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶい【武威 Wǔ wēi】

中国,甘粛省の中部,河西回廊地帯の都市。人口89万(1994)。蘭新鉄道(蘭州~ウルムチ)に沿う。古く姑臧(こぞう)県といい,前漢時代,前1世紀の中ごろここを中心として武威郡が置かれたのがその名の起りである。五胡十六国時代には前涼,後涼等の都となった。武威郡はその後,涼州,西涼州などといわれたが,清代になって姑臧県は武威県と改名された。灌漑が発達し農業が盛んで,付近の農産物の集散地でもある。【日比野 丈夫】
武威漢墓
 漢代武威郡治の所在地であった武威県の城南10~15km,祁連(きれん)山麓台地上に多数の漢墓が群在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶい【武威】

武力による威勢。 「天下に-を示す」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武威
ぶい / ウーウェイ

中国、甘粛(かんしゅく)省中部の市。武威地区の公署所在地。人口97万7435(2000)。祁連(きれん)山脈の北麓(ほくろく)、河西(かせい)回廊にあり、石羊(せきよう)河のつくるオアシスに位置する。黄河の流域から西域(せいいき)への門口にあたり、古くは異民族の居住地であったが、漢代、武威郡が置かれ、西域統治の一拠点となった。のち南北朝時代に涼州となり、その後もこの名でよばれた。清(しん)代に武威県と改められ、1985年武威市となった。しばしば異民族の占拠するところとなったが、河西地区のなかでももっとも豊かなオアシスで、農業や牧馬が盛んなためシルク・ロードの有力な都市として繁栄した。また河西地域の文化の中心地で、大雲寺、西夏碑などの旧跡がある。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武威の関連キーワード河西甘粛回廊玉門関祁連山脈涼州回廊地帯酒泉蘭州張掖河西四郡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武威の関連情報