コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古高ドイツ語 ここうドイツごOld High German language

世界大百科事典内の古高ドイツ語の言及

【ドイツ語】より

…例:上部ドイツ語(東フランク方言)Pfund〈ポンド〉,Apfel〈リンゴ〉――中部ドイツ語(中部フランク方言)Pund,Appel。
【ドイツ語の歴史】
 高地ドイツ語は,歴史的に,(1)古高ドイツ語(8~11世紀),(2)中高ドイツ語(11~14世紀),(3)新高ドイツ語(14世紀~現在)の三つの時期に区分され,新高ドイツ語はさらに,初期新高ドイツ語(14~17世紀),後期新高ドイツ語(17世紀~現在)の二つの時期に区分される。
[古高ドイツ語]
 古高ドイツ語の時代はドイツ語による文献の出現とともに始まるが,厳密に言えば,当時は〈ドイツ語〉という統一概念はドイツのごく限られた一部の地域にしか広まっておらず,ドイツの地には西ゲルマン語に属する諸部族の言葉が個々に存在しているにすぎなかった。…

※「古高ドイツ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

古高ドイツ語の関連キーワードノートカー(Labeo Notker)オトフリート・フォン・ワイセンブルクベッソブルンの祈祷ヒルデブラントの歌メルゼブルクの呪文ノートカー・ラベオオトフリートルターの聖書スイス文学ウムラウトルーン文字ムスピーリユンカードイツ語ドイツ

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android