コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

句句廼馳 くくのち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

句句廼馳 くくのち

日本書紀」にみえる神。
伊奘諾尊(いざなぎのみこと)と伊奘冉尊(いざなみのみこと)から生まれた。「くく」は茎,「ち」は精霊の意味で,木の守護神とされる。「古事記」には久久能智神(くくのちのかみ)とある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くくのち【句句廼馳】

〔「くく」は茎、「ち」は精霊の意〕 木の神。記紀神話では伊弉諾尊いざなきのみこと・伊弉冉尊いざなみのみことの子とする。久久能智神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

句句廼馳の関連キーワード伊奘諾尊伊弉冉尊記紀神話伊弉諾尊

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android