叩殴(読み)たたきなぐる

精選版 日本国語大辞典の解説

たたき‐なぐ・る【叩殴】

〘他ラ四〙
① 強くたたく。ひどくなぐる。きつく打擲(ちょうちゃく)する。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)三「銚子の奴等と喧嘩をして三人ばかりを強く打擲(タタキナグッ)たのさ」
② 強引に妥協させる。強迫して納得させる。
※歌舞伎・裏表柳団画(柳沢騒動)(1875)大切「軍鶏屋(しゃもや)へでも引張りこんで一杯呑まし、五両位で叩(タタ)きなぐる了簡だらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android