コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タタ タタTata, Jamsetji Nasarwanji

3件 の用語解説(タタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タタ
タタ
Tata, Jamsetji Nasarwanji

[生]1839.3.3. インドナブサーリ
[没]1904.5.19. ドイツ,ナウハイム
インドの実業家。ボンベイのエルフィンストン・カレッジで学んだのち,1858年父のもとで綿花貿易に従事。 1872年以降ナーグプール,ボンベイなどに近代的な綿織物工場を設置,労働者保護政策や上質な繊維の導入を行ない,綿業界にゆるぎない地位を確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タタ(Tata)

ハンガリー北西部の町。湖や泉が多く「水の都」と称され、14世紀以降は王侯貴族の狩猟地、保養地として知られた。ウレグ湖畔には15世紀初めに築かれたタタ城エステルハージ家の宮殿などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タタ
たた
Jehangir Ratanji Dadabhai Tata
(1904―1993)

インドのタタ財閥の継承・発展者で総帥。パリに生まれ、インドのほか日本、フランスで学ぶ。1922年タタ財閥の本社にあたるタタ・サンズ商会に入り、26年取締役、38年に会長となる。航空事業にとくに強い関心を寄せ、1932年タタ航空(現エア・インディア)を創設する。自らもパイロットの資格をもつインド民間航空パイオニアとして著名。また、国民会議派の反英独立運動を支援し、資金を提供した。インド最大の鉄鋼コンビナートであるタタ鉄鋼TISCOをはじめ、タタ化学Tata Chemicals、タタ工業Tata Industries、インディアンホテルズなどの会長を兼任、国際的にも経営手腕を買われていた。[三上敦史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タタの関連キーワードタンジマート新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧幻想文学アヘン戦争岡研介神田祭

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タタの関連情報