コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召具装束 めしぐしょうぞく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

召具装束
めしぐしょうぞく

公家(くげ)階級の服装の一種。公家が外出のとき、護衛と行列の威儀を示すために付き添う従者の服装。これに用いられる衣服に、褐衣(かちえ)、退紅(たいこう)、白張(はくちょう)などがある。召具の褐衣を着用する官人は随身(ずいじん)や馬副(うまぞい)などである。随身の褐衣には、舞楽の袍(ほう)に倣って、獅子(しし)の丸や熊の丸など大きな丸文(蛮絵(ばんえ))が墨で摺(す)ってある。下に半臂(はんぴ)・単(ひとえ)を着て狩袴(かりばかま)をはき、脛巾(いちびはばき)を巻く。尻鞘(しりざや)をつけた太刀(たち)を帯び弓箭(ゆみや)を携える。褐衣の色は、普通、紺や縹(はなだ)色で、一日晴(いちにちばれ)には紫や蘇芳(すおう)のものが使われた。また、布衣形式の退紅や白張を着る者は、傘や沓(くつ)などを持つ雑役の下級官人である。退紅は、色名の退紅(あらぞめ)(薄桃色)を音読して衣服名とし、白張は、白麻布を糊(のり)で強く張ってつくった上着と袴から名づけられ、またそれぞれが役名にもなっている。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

召具装束の関連キーワード装束褐衣白張

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android