弓箭(読み)キュウセン

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐せん【弓×箭】

弓と矢。弓矢。
弓矢を取る身。武士。
「―の面目とよろこび給へば」〈平治・上〉
弓矢で戦うこと。戦い。
「甲冑(かっちう)を枕とし、―を業とする本意」〈平家・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうせん【弓箭】

弓と箭。弓矢。
弓矢を取る身。武士。 「我譜代-の家に生れ/太平記 14
弓矢を取ること。戦い。いくさ。 「 -に携はらん人々は/平家 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐せん【弓箭】

〘名〙
① 弓と矢。弓矢(きゅうし)
※今昔(1120頃か)五「弓箭(きうせん)を帯せらむ兵万人」 〔杜甫‐兵車行詩〕
② 弓矢を射ること。射芸。
※吾妻鏡‐文治五年(1189)一一月一七日「号篠山丹三者、弓箭達者也」
③ 弓矢を取る身。武士をいう。弓矢取り。弓馬(きゅうば)
※平治(1220頃か)上「清盛はこれをみて、家門の繁昌弓箭の面目とよろこび給へば」
※源平盛衰記(14C前)二八「弓箭(キウセン)の棟梁としては、威を東南に振ひ給へり」
④ 弓矢を取って戦うこと。また、戦い。いくさ。戦争。弓馬。
※平家(13C前)六「弓箭に携はらん人々は、宗盛卿を大将軍にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android