召具(読み)めしぐ

精選版 日本国語大辞典の解説

めし‐ぐ【召具】

〘名〙 供の者を連れること。また、その人。公家の出行の際には、無位無官の従者が傘(かさ)・沓(くつ)の類をもち、白張(はくちょう)や退紅(たいこう)を着用して随行した。〔易林本節用集(1597)〕

めし‐ぐ・す【召具】

〘他サ変〙 上位者が、目下の者を伴う。召し連れる。
※貴嶺問答(1185‐90頃)正月一三日「明日御鷹狩。召具公武参之由承候了」
※新古今(1205)離別・八六九・詞書「亭子院、みやたき御覧じにおはしましける御ともに、素性法師めしぐせられてまゐれりけるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android