出行(読み)いでゆく

精選版 日本国語大辞典の解説

いで‐ゆ・く【出行】

〘自カ四〙 出て行く。出かけて行く。
今昔(1120頃か)九「朝に出行くとても帳の前に行て」

しゅつ‐ぎょう ‥ギャウ【出行】

〘名〙 =しゅっこう(出行)〔文明本節用集(室町中)〕
仮名草子・身の鏡(1659)下「闇夜に出行(シュツギャウ)せし途中にて、何やらん足にさはりたるをふみたれば」

しゅっ‐こう ‥カウ【出行】

〘名〙 出ていくこと。しゅつぎょう。
令義解(833)宮衛「凡車駕出行〈謂。出幸於京外也〉兵衛衛士先按行」
※名語記(1275)九「出行のほども、ひまなくつみきりて食せりける因縁にて」 〔史記‐天官書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

出行の関連情報