コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白張/白丁 ハクチョウ

3件 の用語解説(白張/白丁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はく‐ちょう〔‐チヤウ〕【白張/白丁】

《「しらはり」を音読みにした語》
しらはり」に同じ。
傘持ち・沓(くつ)持ち・車副(くるまぞい)などの役をする、1を着た仕丁(じちょう)
神事・神葬の際、白い衣を着て物を運ぶなど雑用に従事する者。
はくてい(白丁)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はくちょう【白張】

平安時代以降,下級官人が着用した衣服の一種。上着と袴が対(つい)になっており,上着は(あお)系で,盤領(あげくび),身一幅の単(ひとえ)仕立て狩衣(かりぎぬ)と同じ形である。裾をすぼめる括(くく)り袴をはく。白張とは白麻布にのりをつけて張りをもたせるという意味で,その生地でつくった襖も白張と呼ばれた。宮廷の小舎人(こどねり),公家や武家の供人の車副(くるまぞい)や松明(たいまつ)持ちなどが着た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白張
はくちょう

平安時代以降、下級官人が着用した公服の一種。上着と袴(はかま)が白麻布製で対(つい)になっており、上着は襖(あお)系で、狩衣(かりぎぬ)と同じ形の盤領(あげくび)、身一幅で脇(わき)を縫い合わさずあけられている。袴は四幅(よの)仕立ての小形で、裾(すそ)をすぼめるくくり袴。上着、袴とも夏冬通じて単(ひとえ)仕立てである。白張とは糊(のり)をつけて張りをもたせた白麻布という意味で、その生地(きじ)でつくった襖をも白張とよんだ。宮廷の小舎人(こどねり)、公家(くげ)や武家の供人(ともびと)の車副(くるまぞえ)や松明(たいまつ)持ちなどが着た。また、そういう人々をも白張(白丁)といい、この姿には烏帽子(えぼし)をかぶり、草鞋(そうかい)を履いた。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone