退紅(読み)あらぞめ

色名がわかる辞典の解説

あらぞめ【退紅】

色名の一つ。「たいこう」とも読む。淡く、くすんだピンク色に近いべに。「退」は「褪(せる)」と同義で、色あせた紅染めを形容しており、薄い紅染めの染色をあらわす伝統色名。古くは「洗紅」とも表記した。洗朱あらいしゅと比較するとかなり明るい。狩衣かりぎぬとして着用したとされる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいこう【退紅】

平安時代以来,下級官人が着用した衣服の一種。養老の〈衣服令〉の武官朝服に見える桃染衫(さん)が原型であろうか。形は布衣(ほうい)とほぼ同じ。薄紅色に染めた麻布製,単(ひとえ)仕立て。烏帽子をかぶり黒染麻布のくくり袴をはき退紅を着た仕丁のことも指す。傘持,履持(くつもち)など公家の供をする召具(めしぐ)の装束の一つ。退紅をあらぞめと読むと薄紅色のことを指す。《延喜式縫殿寮の条に退紅の調布1反染めるのに,〈紅花小十四両,酢一合六勺,藁半囲,薪卅斤〉とある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の退紅の言及

【退紅】より

…薄紅色に染めた麻布製,単(ひとえ)仕立て。烏帽子をかぶり黒染麻布のくくり袴をはき退紅を着た仕丁のことも指す。傘持,履持(くつもち)など公家の供をする召具(めしぐ)の装束の一つ。…

※「退紅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android