コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台南の孔子廟 たいなんのこうしびょう

1件 の用語解説(台南の孔子廟の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

たいなんのこうしびょう【台南の孔子廟】

台湾島西南部の台南(臺南、タイナン)市にある、孔子を祀る廟堂。台湾各地にある孔子廟の中で最も古く、重要文化財に指定されている。台湾がオランダ統治から解放された1666年に、台湾初の孔子廟として建てられた。当時の台南は台湾の政治・文化の中心で、この孔子廟は台湾の最高学府としても知られるようになった。廟入り口の門には「台湾最初の学校」という意味の「全臺首學」の額が掛かっている。この孔子廟は何度も改修や増築が繰り返されてきたが、現在の建物は、日本統治下の1917年の改修により誕生した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台南の孔子廟の関連キーワード西南日本西南日本外帯西南日本内帯西南学院大学西南女学院大学西南西南西西南の役台南東西南北

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone