コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台密十三流 タイミツジュウサンリュウ

デジタル大辞泉の解説

たいみつ‐じゅうさんりゅう〔‐ジフサンリウ〕【台密十三流】

台密の13の流派。根本大師流・慈覚大師流・智証大師流の根本3流、および慈覚大師流のうちの谷流の蓮華(れんげ)流・院尊流・三昧(さんまい)流・仏頂流・味岡(あじおか)流・智泉流・穴太(あのう)流・法曼(ほうまん)流・功徳流・梨本(なしのもと)流の10流。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいみつじゅうさんりゅう【台密十三流】

〘仏〙 台密の一三の流派。根本大師流・慈覚大師流・智証大師流を根本三流といい、慈覚大師流は川流と谷流に分かれ、谷流は院尊・三昧・仏頂・蓮華・味岡・智泉・穴太あのう・法曼・功徳・梨本の一〇流に分かれた。根本大師流・智証大師流・川流と谷流系の一〇流を総じて十三流という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

台密十三流の関連キーワード延暦寺覚超

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android