谷流(読み)タニリュウ

大辞林 第三版の解説

たにりゅう【谷流】

天台宗の密教の一派。台密の事相を大成した皇慶こうけいを流祖とし、台密事相の中心をなす。皇慶が比叡山東塔南谷の井の房に住んでいたことによる名称。谷の流れ。 → 台密

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たに‐りゅう ‥リウ【谷流】

〘名〙 仏語。台密十三流の一つ。谷阿闍梨皇慶を流祖とするもの。皇慶が、比叡山の東塔南谷に住んでいたのにちなんだ呼び名。台密事相の主流をなすもので、これに属する穴太(あのう)・法曼・三昧の三流を谷の三流という。
伝光録(1299‐1302頃)永平元和尚「かねて谷流の秘法一百三十四尊の行法、護摩等をうけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android