台座後光を仕舞う(読み)だいざごこうをしまう

精選版 日本国語大辞典「台座後光を仕舞う」の解説

だいざごこう【台座後光】 を=仕舞(しま)う[=失(うしな)う]

(仏像から台座後光をとってしまうと、まるで威厳がなくなるところから) 面目がまるつぶれになる。まったく失敗する。生命をうしなう。
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)六「面白い切られう、脚腰立たぬ耄(おひぼれ)、切外さして台座後光(ダイザゴクウ)しまふてくれう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「台座後光を仕舞う」の解説

台座だいざ後光ごこう仕舞しま

《仏像から台座と後光とを取り去ると威厳がなくなってしまうところから》面目・地位などを失う。また、生命を失う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android