後光(読み)ごこう

精選版 日本国語大辞典「後光」の解説

ご‐こう ‥クヮウ【後光】

〘名〙
① 仏のからだから放たれているといわれる光。また、それをかたどった仏・菩薩の像の背部の光相、すなわち光背をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「お胸の奥に神様の御光(ゴクヮウ)が映(さ)して」
② 遊女などの笄(こうがい)、簪(かんざし)などをたとえていう語。
※雑俳・柳多留‐一〇七(1829)「北国の阿彌陀後光を質に置」
③ 光源や陰影のまわりに、円形または放射状に見える光。
(イ) 観察者の影が直前の霧や水面にうつし出されたとき、その影を中心として光った環の見られる現象。仏の御光(ブロッケン現象)が有名で、これは光源と反対側の微小水滴の回折による。
(ロ) 一般に光線が放射状にひろがって見える現象。
[補注]「御光」と書かれることも多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後光の言及

【光背】より

…後光,御光ともいい,仏菩薩の放つ光明を象徴するもので,仏教彫刻や仏教絵画においては必ずこれが表現されるのはインド以来の伝統である。仏の光明は色光と心光とに分けられる。…

※「後光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android