コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台風の進路予報 たいふうのしんろよほうprediction of typhoon movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

台風の進路予報
たいふうのしんろよほう
prediction of typhoon movement

台風が進む方向を,大気の動きを計算して予測すること。台風自体は空気の渦巻であるため基本的には回転するのみで,進路を決めて移動する性質をもたない。台風が移動するのは周囲の風に乗って流されるためで,これをステアリング steeringという。しかし,周囲の風は高度によって風向風速が異なり,しかも時間変化するため,台風の移動を正しく予測することは難しい。一般に台風の進路は太平洋高気圧の発達と深く関係しており,季節によって通る頻度の高い経路が決まっているが,なかには複雑な動きをする台風もある。今日では,12時間,24時間,48時間および 72時間後の台風の中心位置と 72時間以内に暴風域に入ると予想される範囲を,予報円暴風警戒域で表す。また 5日先までの進路を示す場合は 24時間,48時間,72時間,96時間および 120時間後の台風の中心位置の予想を予報円で表す。なお,12時間予報,24時間予報は 3時間ごとに,48時間,72時間,96時間および 120時間予報は 6時間ごとに発表される。台風の中心が予報円に入る確率はおよそ 70%である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

台風の進路予報の関連キーワード洞爺丸台風台風情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android