渦巻(き)(読み)ウズマキ

デジタル大辞泉の解説

うず‐まき〔うづ‐〕【渦巻(き)】

渦を巻くこと。また、渦を巻いている水流や気体。
渦を巻いている形。また、渦を巻いている模様。
物事が激しくせめぎ合い、動いている状態。うず。「戦乱の渦巻き
[補説]書名別項。→うずまき

うずまき[書名]

(うづまき)上田敏中編小説。明治43年(1910)発表。詩人・英文学者として知られる著者による唯一の小説。
(渦巻)渡辺霞亭による長編の家庭小説。華族の家督相続争いの中で苦難を乗り越えていくヒロインの姿を描き、人気を博す。大阪朝日新聞に連載ののち、大正2年(1913)から大正3年(1914)にかけて、上中下3編と続編の全4巻を出版。舞台化、映画化作品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うず‐まき うづ‥【渦巻】

〘名〙
① 渦を巻くこと。渦巻く水流。
※後撰(951‐953頃)雑三・一二三九「滝つせのうづまきごとにとめくれど猶尋ねくる世のうきめ哉〈よみ人しらず〉」
② 渦を巻いている模様や形。
※絵本(1930)〈永井龍男〉「様々な親指の腹の指紋のうづまきが」
③ 比喩的に、物事のめまぐるしい動き。また、わずらわしい現象。
田舎教師(1909)〈田山花袋〉四八「其の混乱した戦争の巴渦(ウズマキ)の中」
④ 菓子の一種。小麦粉に鶏卵、砂糖をまぜて薄く焼き、餡を包み、巻いて輪切りにしたもの。
滑稽本浮世床(1813‐23)初「いまさか渦巻(ウズマキ)かのこもち」
※談義本・八景聞取法問(1754)二「渦巻(ウヅマキ)をば亀蔵小紋〈略〉と名付けて」
⑥ 紋所の名。
⑦ 釣り用の毛針の一種。

うず‐ま・く うづ‥【渦巻】

〘自カ五(四)〙
① 水、煙などが渦を巻いて動く。
※拾遺(1005‐07頃か)雑上・四八九「河のせのうづまく見れば玉もかるちりみだれたるかはの舟かも〈柿本人麻呂〉」
② 大勢の人たちがもみあう。ひしめきあう。
※義経記(室町中か)五「その門弟とうずまいたらんずる隙を守(まぼ)りて、散々に射払ひて」
③ 渦のような形になる。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「髪は濃く、毛頭(けさき)渦巻(ウヅマ)く癖あり」
④ 比喩的に、感情などが激しく動く。
※日々の葬祭(1953)〈高橋和巳〉「陰険な抗争と嫉視が渦巻いている」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の渦巻(き)の言及

【螺旋(螺線)】より


[数学におけるらせん]
 幾何学的におけるらせんには平面曲線と空間曲線の二つがある。(1)螺線spiral 1点のまわりをぐるぐるまわる平面曲線を総称して螺線,渦巻線,スパイラルなどと呼ぶ。その多くは,極座標(r,θ)を用いて,方程式rf(θ)(fは単調関数)の形で表される。…

※「渦巻(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android