コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦巻(き) ウズマキ

デジタル大辞泉の解説

うず‐まき〔うづ‐〕【渦巻(き)】

渦を巻くこと。また、渦を巻いている水流や気体。
渦を巻いている形。また、渦を巻いている模様。
物事が激しくせめぎ合い、動いている状態。うず。「戦乱の渦巻き

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の渦巻(き)の言及

【螺旋(螺線)】より


[数学におけるらせん]
 幾何学的におけるらせんには平面曲線と空間曲線の二つがある。(1)螺線spiral 1点のまわりをぐるぐるまわる平面曲線を総称して螺線,渦巻線,スパイラルなどと呼ぶ。その多くは,極座標(r,θ)を用いて,方程式rf(θ)(fは単調関数)の形で表される。…

※「渦巻(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渦巻(き)の関連キーワード火山性ヴォルテックスリング渦巻き小紋・渦巻小紋渦巻き漬け・渦巻漬けさんかく(三角)座トーションバランス渦状構造密度波理論ディスク(銀河)アンドロメダ銀河タービンポンプバルジ(銀河)観世麩・観世麸ハッブル分類遠心ポンプ玉杢・玉目棒渦状銀河不規則銀河渦巻ポンプボリュート車麩・車麸発条・撥条

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渦巻(き)の関連情報