コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃源瑞仙 とうげん

美術人名辞典の解説

桃源瑞仙

室町時代の臨済宗の僧。相国寺八十世。近江生。号に蕉了・蕉雨・亦庵・卍庵等。相国寺明遠俊哲のもとで得度、その法を嗣ぐ。同寺に於て横川景三景徐周麟らと交流、また南禅寺牧中梵祐・天龍寺竺雲等連らに就いて『易抄』『史記』『漢書』等を修めた。応仁の乱を避けて近江永源寺に移り古典の講読に専念、のち相国寺に昇住。著に『史記抄』『百衲襖』『蕉雨稿』等がある。延徳元年(1489)寂、60才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃源瑞仙 とうげん-ずいせん

1430-1489 室町時代の僧。
永享2年6月17日生まれ。臨済(りんざい)宗。京都相国寺の明遠俊哲(みょうえん-しゅんてつ)の法をつぐ。易学や「史記」もまなび,応仁(おうにん)の乱の際には郷里の近江(おうみ)(滋賀県)で古典の研究をつづけ,乱後は相国寺住持となった。延徳元年10月28日死去。60歳。俗姓は市村。別号に蕉雨,蕉了。著作に「史記抄」「百衲襖(ひゃくのうおう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうげんずいせん【桃源瑞仙】

1433~1489) 京都相国寺の禅僧。近江の人。五山文学者。「史記抄」「三体詩抄」「百衲襖(周易の抄)」などの抄物を著した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桃源瑞仙
とうげんずいせん

[生]永享2(1430).6.17.
[没]延徳1(1489).10.28.
室町時代の臨済宗の僧。京都相国寺の第 80世。著作『百衲襖』『史記抄』『蕉雨稿』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

桃源瑞仙 (とうげんずいせん)

生年月日:1430年6月17日
室町時代;戦国時代の臨済宗夢窓派の僧
1489年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

桃源瑞仙の関連キーワード彦竜周興清原宣賢室町時代雲章一慶万里集九生年月日戦国時代禅僧瑞仙周易

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android