コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語生活 げんごせいかつ

4件 の用語解説(言語生活の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語生活
げんごせいかつ

言語使用を人間の生活の一形態と考えるとき,これを言語生活と呼ぶ。特に,聞く,話す,読む,書く,の4つによって営まれる生活をいい,言語を媒介としていても,思考は言語生活に含めないのが普通である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんごせいかつ【言語生活】

人間生活の中で、読む・書く・話す・聞くという四つの言語行動が関係している部分。また、人間生活の一形態として見た場合の言語。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

言語生活
げんごせいかつ

人間の生活における、ことばによるコミュニケーション全般。あるいは、人間の生活を食生活、衣生活、経済生活といったぐあいに、さまざまな種類に分けてみた場合、とくにことばによるコミュニケーションの側面を取り出して言語生活とよぶという考え方もある。
 人間のことばによるコミュニケーションは一様ではない。まず、話す、書くといった表現の面と、聞く、読むといった理解の面とがある。また、多くの言語社会では、音声による伝達のほかに文字による伝達がある。そして、音声、文字に関する具体的な媒体の種類も多い。ことばが使われる目的としては、客観的な物事についての情報の伝達、感情・感覚の表現、他人を動かそうとする意向の表現、芸術的創作、鑑賞、遊戯、社会的関係の開始・維持・打ち切りに関するものなど、いろいろのものがある。こうした目的に応じて、伝えられる内容も多種多様である。言語生活という概念は、これらさまざまな側面、要素をひっくるめて把握しようとするものである。
 日本語の研究において、言語生活という概念が現れたのは第二次世界大戦前であるが、その実態の調査・研究が本格的になったのは戦後である。最近は、言語学のなかで、社会言語学sociolinguisticsとよばれる分野の研究が世界的に盛んになってきている。これは、従来からの日本での言語生活の研究と共通する点が少なくない。[南不二男]
『池上禎造著『言語生活の構造』(『講座現代国語学』所収・1957・筑摩書房) ▽国語学会編『国語学大辞典』(1980・東京堂出版) ▽国広哲弥他著『言語生活』(『岩波講座 日本語2』1977・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

言語生活の関連情報