右田 年英(読み)ミギタ トシヒデ

  • 右田 年英 (みぎた としひで)

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の浮世絵師



生年
文久3年6月17日(1863年)

没年
大正14(1925)年2月4日

出生地
豊後国北海部郡臼杵村(大分県)

本名
右田 豊彦

別名
俗称=豊作,別号=梧,晩翠楼,一頴斎等

経歴
上京し、歌川流の月岡芳年に入門して浮世絵を学び、また国沢新九郎から洋画を学んだ。「東京朝日新聞」の創刊以来、新聞挿絵の揮毫を続け、また錦絵の制作も多い。水野年方、稲野年恒らと共に明治の風俗画界に活躍した。門人河合英忠、鰭崎英明がいる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1863年6月17日
浮世絵師
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android