揮毫(読み)キゴウ

  • きごう ‥ガウ
  • きごう〔ガウ〕
  • 揮×毫

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《「揮」はふるう、「毫」は筆の意》毛筆で文字や絵をかくこと。特に、知名人が頼まれて書をかくこと。「色紙(しきし)に揮毫する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
ふでを揮ふるう意
文字や書画を書くこと。 扇に-し、われ之に題す/十和田湖 桂月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「揮」はふるう、「毫」は筆の毛の意) 文字や絵をかくこと。染筆。揮筆。
※明極楚俊遺稿(14C中か)紀夢吟「覚後感追憶、揮毫写石屏
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「寺全体の唐紙へ揮毫したものだといふ」 〔杜甫‐飲中八仙歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

揮毫の関連情報