コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月岡芳年 つきおか よしとし

8件 の用語解説(月岡芳年の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

月岡芳年

幕末・明治の日本画家。東京生。姓は吉岡、通称は米次郎、初号は一魁斎・玉桜楼、のち大蘇と称する。一勇斎国芳に師事する。近代浮世絵の巨擘。明治24年(1891)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つきおか‐よしとし〔つきをか‐〕【月岡芳年】

[1839~1892]幕末から明治初期の浮世絵師。江戸の生まれ。本名、吉岡米次郎。号、玉桜楼・一魁斎。のち大蘇(たいそ)芳年と称した。初め歌川国芳に師事。歴史画・美人画に異色の作品をのこしたほか、新聞の挿絵でも活躍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

月岡芳年【つきおかよしとし】

幕末〜明治初期の浮世絵画家。本名吉岡金三郎。12歳の時歌川国芳に入門。1866年同門の落合芳幾との合作で残虐な情景を描いた《英名二十八衆句》を発表し,〈血みどろ絵師〉と呼ばれた。
→関連項目歌川派水野年方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月岡芳年 つきおか-よしとし

1839-1892 幕末-明治時代の浮世絵師。
天保(てんぽう)10年3月17日生まれ。月岡雪斎の名跡をつぐ。歌川国芳に師事し,のち菊池容斎に私淑。慶応2年落合芳幾(よしいく)と合作した「英名二十八衆句」の残酷絵で有名になる。画風は多彩で,維新後は新聞挿絵などで活躍。弟子に水野年方(としかた)ら。明治25年6月9日死去。54歳。江戸出身。本姓は吉岡。通称は米次郎。別号に一魁斎(いっかいさい),大蘇(たいそ)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

月岡芳年

没年:明治25.6.9(1892)
生年:天保10.3.17(1839.4.30)
幕末明治期の浮世絵師。本姓吉岡,俗称米次郎。画号に玉桜,大蘇,魁斎などがある。住居は江戸の中橋,南金六町,本所藤代町など。歌川国芳に師事し,また葛飾北斎,菊池容斎にも私淑したと伝える。嘉永6(1853)年の錦絵初作を皮切りに,武者・役者・美人の錦絵を陸続と発表,また血みどろ絵と呼ばれる残酷な描写の錦絵も周辺絵師と競作した。明治以降は新聞錦絵や新聞・小説の挿絵なども盛んに描くかたわら,上下二枚続きなど新趣向の版画を上梓した。精神に異常をきたし,病没したと伝える。なお,門人からは近代美人画家の雄を多数輩出した。

(内藤正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つきおかよしとし【月岡芳年】

1839‐92(天保10‐明治25)
幕末~明治初期の浮世絵師。本名吉岡金三郎,通称米次郎。月岡雪斎の養子となり,12歳で歌川国芳に入門,芳年と名のる。一魁斎,玉桜楼などとも号す。1866年(慶応2)同門の落合芳幾と合作で,残虐な血の絵《英名二十八衆句》を発表。強度の神経衰弱から快癒した73年以後,大蘇芳年を名のった。菊池容斎に歴史画を学び,さらに洋画法も摂取し,画風は多様に展開した。78年以降,《絵入自由新聞》などに投稿,新聞挿絵として浮世絵に新生面を開こうとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つきおかよしとし【月岡芳年】

1839~1892) 幕末・明治前期の浮世絵師。月岡雪斎の養子。後年は大蘇を名のる。歌川国芳に浮世絵を学び、のち洋画を摂取。明治期には絵入り新聞などに挿画を描いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月岡芳年
つきおかよしとし
(1839―1892)

江戸末期から明治の浮世絵師。江戸に生まれ、本名は吉岡米次郎。別号には玉桜楼(ぎょくおうろう)、一魁斎(いっかいさい)、魁斎、咀華亭、子英、たいそ、大蘇(たいそ)などを用いた。1850年(嘉永3)12歳のとき歌川国芳(くによし)の門に入り、3年後に早くも処女作を発表。1866年(慶応2)に兄弟子の落合芳幾(よしいく)とともに描いた『英名二十八衆句』の残酷絵シリーズで一躍人気絵師となった。多様な画風をこなしたが、幕末から明治初年にかけては歴史画に傾注し、維新後は時事報道の分野に新生面をみいだし、『郵便報知新聞』『絵入自由新聞』『やまと新聞』などの新聞挿絵に活躍した。またこのころ100枚に及ぶ『月百姿(つきひゃくし)』をはじめ『風俗三十二相』などの美人画の大作も発表している。水野年方(としかた)など多くの門人にも恵まれた。1872年(明治5)ころに精神に障害をきたし、その後、快癒(かいゆ)することなく没した。[永田生慈]
『瀬木慎一編『月岡芳年画集』(1978・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の月岡芳年の言及

【イラストレーション】より

…明治に入ると草双紙の雰囲気と性格は,1875年歌川国芳門下の落合芳幾(よしいく)(1833?‐1904)が描く《平仮名絵入新聞》に始まる,庶民向けの絵入り新聞に受け継がれた。芳幾はじめ《団々珍聞》の小林清親,《郵便報知新聞》の月岡芳年らは浮世絵師の流れをくみ,これら絵入り新聞は草双紙と同じく,絵が主,文が従の趣があった。 1885年に硯友社がおこり,続いて活版印刷による雑誌類が広まるにつれ,挿絵画家としては井上探景(安治),歌川国松らの浮世絵師のほかに,菊池容斎の《前賢故実》の影響をうけた渡辺省亭,三島蕉窓,武内桂舟,尾形月耕らが出た。…

【浮世絵】より

…国貞,国芳,広重らの弟子(貞秀,芳員,2代広重ら)は,1859年(安政6)に開港の新都市横浜に西洋風の文物,風俗を取材して,〈横浜絵〉と称する一ジャンルを開拓,新奇な題材とともに洋風表現や鮮やかな西洋絵具を多用するなどして,錦絵の面目を一新させた。また最幕末には,混乱した世相と荒廃した人心を反映するような月岡芳年らの〈血みどろ絵〉も出現,浮世絵自体の末期的現象を露呈してみせた。
【後世への影響】
 浮世絵は江戸特産の民俗的な絵画,いわゆる民画であり,大津追分の肉筆の戯画〈大津絵〉や,長崎の異国風俗を扱った版画〈長崎絵〉,大坂や京都の役者絵を主体とした版画〈上方絵〉などと同類のものに違いない。…

※「月岡芳年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

月岡芳年の関連キーワード初代歌川国貞歌川国峰籟堂菊川派稲垣つる菊川英章里の家芳滝庄五郎蒔絵師源三郎正歳

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月岡芳年の関連情報