コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合英忠 かわい えいちゅう

2件 の用語解説(河合英忠の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

河合英忠

日本画家。東京生。本名は六之助。初め右田年英に師事し、浮世絵を学ぶ。鏑木清方らの烏合会に参加。日本美術協会展・歴史風俗画会展・文展・帝展等に受賞を重ねて活躍。能画・歴史人物画・風俗画を能くした。大正10年(1921)歿、39才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河合英忠 かわい-えいちゅう

1875-1921 明治-大正時代の日本画家。
明治8年10月17日生まれ。浮世絵を右田年英に,歴史画を小堀鞆音(ともと)にまなぶ。明治32年朝日新聞社にはいり,挿絵を担当。大正2年「火車」が文展に初入選し,以後,文展,帝展に出品した。大正10年9月17日死去。47歳。東京出身。本名は六之助。作品はほかに「夢」「鐘の由来」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone