コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合英忠 かわい えいちゅう

美術人名辞典の解説

河合英忠

日本画家。東京生。本名は六之助。初め右田年英に師事し、浮世絵を学ぶ。鏑木清方らの烏合会に参加。日本美術協会展・歴史風俗画会展・文展帝展等に受賞を重ねて活躍。能画・歴史人物画・風俗画を能くした。大正10年(1921)歿、39才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河合英忠 かわい-えいちゅう

1875-1921 明治-大正時代の日本画家。
明治8年10月17日生まれ。浮世絵を右田年英に,歴史画を小堀鞆音(ともと)にまなぶ。明治32年朝日新聞社にはいり,挿絵を担当。大正2年「火車」が文展に初入選し,以後,文展,帝展に出品した。大正10年9月17日死去。47歳。東京出身。本名は六之助。作品はほかに「夢」「鐘の由来」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河合英忠の関連キーワード右田 年英

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android