コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司馬承禎 しばしょうていSī mǎ Chéng zhēn

世界大百科事典 第2版の解説

しばしょうてい【司馬承禎 Sī mǎ Chéng zhēn】

647‐735
中国,唐玄宗朝の上清派道教の指導者。字は子微,号は白雲子。21歳で道士となり,中岳嵩山の潘師正に師事して上清派道教の秘法をすべて伝授された。その後天台山に居を定めたが,則天武后朝から玄宗朝にかけて何度か宮廷に招かれ,晩年は玄宗の求めで王屋山に居を移し,《老子道徳経》の定本を作っている。代表的著作に禅の思想を取り入れた道教修養論の〈坐忘論〉がある。【麦谷 邦夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

司馬承禎の関連キーワード茅山派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android