コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秘法 ひほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秘法
ひほう

秘密の宗教行事。一般には密教で行う護摩や念誦のことをいう。また術語としては,大法,准大法,秘法,通途法の一つとして,蘇悉地法,五秘密法などの伝法をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ほう【秘法】

(‐ハフ) 秘密の方法。
(‐ホフ) 真言密教で行う、秘密の修法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひほう【秘法】

〔歴史的仮名遣い「ひはふ」〕 人に知らせない秘密の方法。
〔歴史的仮名遣い「ひほふ」〕 〘仏〙
密教で行う修法。
密教で行う修法を、大法・秘法・普通法に三分したものの第二。内容は派によって異なる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秘法
ひほう

密教で行う秘伝の修法(しゅほう)。密法ともいう。広義には顕教(けんぎょう)に対して密教の修法はすべて秘法である。狭義には秘密の修法で、祖師先徳がみだりに他に伝えない法。修法はその目的によって息災法、増益(ぞうやく)法、降伏(ごうぶく)法、敬愛法、鉤召(こうしょう)法などに分類される。また修法の対象の本尊の相違で名称が異なり、修法の仕方で大法、秘法、普通法がある。[宮坂宥勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

秘法の関連キーワード灌頂の御所・潅頂の御所後七日の御修法三壇の御修法不動の金縛り青山幸右衛門本門の戒壇本門の題目本門の本尊孔雀経の法玄旨帰命壇九字を切る金縛りの法ふっつと大白衣法竹田宗柏三国伝来一子相伝仮名遣い三大秘法降三世法

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秘法の関連情報