秘法(読み)ひほう

大辞林 第三版の解説

ひほう【秘法】

〔歴史的仮名遣い「ひはふ」〕 人に知らせない秘密の方法。
〔歴史的仮名遣い「ひほふ」〕 〘仏〙
密教で行う修法。
密教で行う修法を、大法・秘法・普通法に三分したものの第二。内容は派によって異なる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秘法
ひほう

密教で行う秘伝の修法(しゅほう)。密法ともいう。広義には顕教(けんぎょう)に対して密教の修法はすべて秘法である。狭義には秘密の修法で、祖師先徳がみだりに他に伝えない法。修法はその目的によって息災法、増益(ぞうやく)法、降伏(ごうぶく)法、敬愛法、鉤召(こうしょう)法などに分類される。また修法の対象の本尊の相違で名称が異なり、修法の仕方で大法、秘法、普通法がある。[宮坂宥勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐ほう【秘法】

〘名〙
[一] (:ハフ) 秘密の方法。また、ふしぎなやり方。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※面白半分(1917)〈宮武外骨〉人事活断「拙者もそれを容易く見分ける秘法(ヒハフ)を心得て居ます」
[二] (:ホフ) 仏語。
① 広義には真言密教で行なう、護摩などの秘密の修法。
※参天台五台山記(1072‐73)四「従入道兵部卿親王学胎蔵金剛蘇悉地参部大法・護摩秘法
※保元(1220頃か)上「左府、東三条に或僧をこめて秘法をおこなはせ」
② 狭義には、密教の修法を三類に分けるその一つ。相伝によってその内容を異にするが、如法愛染・如法尊勝・転法輪・如意宝輪の四法を挙げるものはその一つ。
※栂尾明恵上人遺訓(1238)「愛染王五秘密等の秘法も次に覚えき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秘法の関連情報