コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

各務文献 かがみ ぶんけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

各務文献 かがみ-ぶんけん

1755-1819 江戸時代後期の医師。
宝暦5年生まれ。はじめ産科をまなび,のち整骨科に転じる。文化7年(1810)「整骨新書」を刊行し,画期的な骨格解剖図「各骨真形図」をそれに付した。文政2年木製の等身大人体骨格模型をつくらせて幕府医学館におさめた。文政2年10月14日死去。65歳。大坂出身。字(あざな)は子徴。通称は相二。号は帰一堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

各務文献

没年:文政2.10.14(1819.12.1)
生年:宝暦5(1755)
江戸後期の整骨医。骨関節構造の実証的機能解剖学に基づいた整骨術を開拓した。通称相二,字は子徴,号を帰一堂。大坂生まれ。寛政12(1800)年大坂葭島で女性刑死屍を伏屋素狄,大矢尚斎らと解剖し『婦人内景之略図』を著す。夫人と共に人骨を拾い集め,文政2(1819)年実物大の木製全身骨格模型「模骨」(東大に現存)を工人田中某に作らせ,『模骨呈案』を付し幕府医学館に献じた。文化1(1804)年『整骨撥乱(接骨発揮)』を編し,同7年『整骨新書』と『各骨真景図』『全骨玲瓏図』を出版し,骨関節損傷,疾患の合理的な治療法を公開した。日本での近代的整形外科の前駆的な業績で,門人奥田周道(万里)に引き継がれ「木制人骨」2体(大坂,名古屋)として伝わる。夫人黒井氏も治療と門人の育成を行った。<参考文献>富士川游・呉秀三『木骨考』(『富士川游著作集』10巻),蒲原宏『日本整形外科前史』(『整骨・整形外科典籍大系』13巻)

(蒲原宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

各務文献の関連キーワード日本の医学史(年表)大矢尚斎(2代)富士川游橋本宗吉