合剤(読み)ごうざい

精選版 日本国語大辞典「合剤」の解説

ごう‐ざい ガフ‥【合剤】

〘名〙 水で溶解したり、混和したりした薬物。
※医語類聚(1872)〈奥山虎章〉「Raca hout 馬鈴薯。〈略〉糊粉。及香竄物ノ合剤」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android