コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合唱幻想曲

デジタル大辞泉プラスの解説

合唱幻想曲

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノと合唱と管弦楽のための作品(1808)。原題《Chorfantasie》。合唱と管弦楽の組み合わせは、後の交響曲第9番につながる試みであると考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

がっしょうげんそうきょく〔ガツシヤウゲンサウキヨク〕【合唱幻想曲】

《原題、〈ドイツ〉Chorfantasieベートーベン作曲の「ピアノ、合唱と管弦楽のための幻想曲ハ長調」の通称。1808年の作。バイエルン国王マクシミリアン1世に献呈。交響曲第9番の「歓喜の歌」につながる管弦楽と合唱を組み合わせた作品として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

合唱幻想曲の関連キーワードベートーベン(年譜)キーシン翠千賀

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android