コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合唱幻想曲

デジタル大辞泉プラスの解説

合唱幻想曲

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノと合唱と管弦楽のための作品(1808)。原題《Chorfantasie》。合唱と管弦楽の組み合わせは、後の交響曲第9番につながる試みであると考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

がっしょうげんそうきょく〔ガツシヤウゲンサウキヨク〕【合唱幻想曲】

《原題、〈ドイツ〉Chorfantasieベートーベン作曲の「ピアノ、合唱と管弦楽のための幻想曲ハ長調」の通称。1808年の作。バイエルン国王マクシミリアン1世に献呈。交響曲第9番の「歓喜の歌」につながる管弦楽と合唱を組み合わせた作品として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

合唱幻想曲の関連キーワードベートーベン(年譜)キーシン翠千賀

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合唱幻想曲の関連情報