コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成ケイ酸アルミニウム ごうせいケイさんアルミニウムsynthetic aluminium silicate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合成ケイ酸アルミニウム
ごうせいケイさんアルミニウム
synthetic aluminium silicate

粘膜被覆,制酸剤である。白色粉末で無味無臭。天然ケイ酸アルミニウムは被覆,吸着剤として下痢性疾患,薬物中毒食中毒,慢性便秘に有効であるが,本品は胃粘膜の被覆保護,胃酸中和,胃酸との反応生成物である塩化アルミニウムによる胃壁収斂作用によって,胃酸過多胃カタル,胃液分泌過多,胃潰瘍などの治療に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android