コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸着剤 キュウチャクザイ

百科事典マイペディアの解説

吸着剤【きゅうちゃくざい】

吸着能力の大きな物質。一般に体積に比べて表面積が非常に大きい多孔質の構造をした固体である。活性炭,活性白土,ケイ藻土,活性アルミナ,シリカゲル,モレキュラシーブ(合成ゼオライトを【か】焼(かしょう)して結晶水を除いたもの)など。
→関連項目吸着脱色剤

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

吸着剤

 物質を吸着する活性のある物質.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうちゃくざい【吸着剤 adsorbent】

固体表面上に,それに接する気体や液体の中から特定の成分が選択的に集まる現象を吸着といい,吸着を生じさせる固体を吸着剤という。吸着される物質を吸着質というのに対して,吸着剤を吸着媒ということもある。 吸着剤としての主要な必要条件は,表面積が大きいことで,固体の内部に微小細孔を数多く作り,結果的に数百~1500m2/gにも及ぶ内部表面積をもたせる。すなわち,いわゆる多孔質固体が用いられることとなる。多孔質固体としては,シリカ,アルミナ,炭素,金属酸化物などの無機系のものと,合成樹脂など有機系のものがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうちゃくざい【吸着剤】

他の気体または液体物質を吸着する能力が大きく、物質の分離、濃縮に用いられる物質。活性炭・活性白土・シリカゲルなどがその例。吸着媒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の吸着剤の言及

【界面化学】より

…一方,固体の表面では内部と異なる原子配列の不規則性があり,気体などの分子を吸着する。活性炭,シリカゲル,ゼオライトなどはとくに単位重量あたりの表面積(これを比表面積という)が大きく,吸着作用が著しいので,吸着剤として利用される。吸着された分子が化学的に活性となり化学反応をひき起こす場合には,その固体表面は触媒作用を示す。…

※「吸着剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吸着剤の関連キーワードオストヴァルトの吸着等温式高速液体クロマトグラフィー医師が行なう中毒の初期治療カラムクロマトグラフィーカオリン(日本薬局方名)合成ケイ酸アルミニウム吸着クロマトグラフィー薄層クロマトグラフィーソープションポンプクロマトグラフィー水酸化アルミニウムモレキュラーシーブ酸化マグネシウムアニリン系薬中毒海水ウラン採取ベントナイト排煙脱硫装置多孔性物質無定形炭素スクロース

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸着剤の関連情報