コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成原油 ごうせいげんゆsynthetic crude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合成原油
ごうせいげんゆ
synthetic crude

天然の原油に代替しうる人造原油。オイルサンドタールを含む砂),オイルシェール(油分を含む頁岩)などの非在来型原油を精製したものや,天然ガス随伴ガス,石炭などを原料とする合成ガスからつくられる炭化水素油。2005年以降の原油価格高騰を背景に,在来型原油に対する経済性が改善したことから開発が進んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の合成原油の言及

【合成石油】より

…人造石油artificial petroleumあるいは合成原油ともいう。オイルサンドオイルシェール,石炭などを原料として生産される合成液体燃料であるが,とくに石炭の液化によるものを指すことが多い。…

※「合成原油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合成原油の関連キーワード合成石油頁岩油

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android