コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成変成作用 ごうせいへんせいさようanamorphism

岩石学辞典の解説

合成変成作用

岩石を作る簡単な鉱物を消費して複雑な鉱物を形成する変成作用.この過程はかなり地下深部で行われると考えられる.ヴァン・ハイスは変成作用を解析変成作用(katamorphism)と合成変成作用とに分け,解析変成作用は地表の風化帯および膠結帯で,岩石が変化する際に複雑な成分が簡単な鉱物に変化することで,合成変成作用は解析変成帯以下の深さの岩石が温度や圧力で変化し,簡単な鉱物から複雑な鉱物となる作用と考えた[Van Hise : 1904].ギリシャ語の ana は改めて,新たにの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android