合歓の郷(読み)ねむのさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三重県,伊勢志摩国立公園内にあるホテル。 1967年開業。英虞湾を擁する広大なリゾート地として建設され,ゴルフ場をはじめとするスポーツ施設,音楽ホールなどがある。敷地面積は 296万m2。客室数 343室,収容人員 1000名。資本金 132億円,従業員数 324名 (1996) 。ヤマハリゾート直営で,グループには鳥羽国際ホテルなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の合歓の郷の言及

【志摩半島】より

…とくに1970年の近鉄鳥羽線の宇治山田~鳥羽間の開通と,鳥羽~賢島(かしこじま)間の志摩電鉄の近鉄による買収によって,名古屋,京都,大阪と直結するようになってから急速に観光開発がすすんだ。英虞湾に面した浜島町大崎には,野外ホールなどを備えた大規模なレジャー施設〈合歓の郷(ねむのさと)〉がある。【藤本 利治】。…

【浜島[町]】より

…浜島の宇気比(うきひ)神社の正月行事である盤の魚と弓引神事は著名。大崎半島先端にはミュージック・キャンプ場を中心とした大レジャーセンター〈合歓の郷(ねむのさと)〉がある。町域は伊勢志摩国立公園に含まれる。…

【ヤマハ[株]】より

…楽器では59年に電子楽器エレクトーンを発表,スポーツ用品では同年強化プラスチック製のアーチェリーの量産に入った。音楽教育の面では1955年にヤマハ音楽教室のシステムをつくり,67年には三重県志摩にスポーツと音楽のための広大な施設〈合歓の郷(ねむのさと)〉を建設している。資本金285億円(1997年5月),売上高4029億円(1997年3月期)。…

※「合歓の郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android