コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英虞湾 あごわん

7件 の用語解説(英虞湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

英虞湾
あごわん

別称真珠湾。三重県志摩半島熊野灘側,先志摩半島にいだかれたリアス湾入。湾内には賢島 (かしこじま) ,多徳島など大小無数の島が浮び,真珠,ハマチ,タイの養殖筏が群れをなす。これは奥志摩の代表的な景観で,伊勢志摩国立公園の中心をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あご‐わん【英虞湾】

三重県志摩半島南部にある湾。典型的なリアス式海岸真珠養殖が盛ん。伊勢志摩国立公園の中心。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

英虞湾【あごわん】

三重県志摩半島南部の湾。隆起海食台地が再び沈降してでき,入りくんだ多くの支湾があり,西に湾口が開ける。最深40m。御木本幸吉真珠養殖に成功した多徳島や賢島(かしこじま)など小島が散在,真珠養殖地として世界的に有名。
→関連項目阿児[町]大村湾志摩[町]志摩半島大王[町]浜島[町]三重[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あごわん【英虞湾】

三重県志摩半島南部にある湾。隆起海食台地が沈降した典型的なリアス海岸で,沈降量が大きかった東部(湾奥)では多徳島,横山島,天童島などの小島が多くでき,島のまったくない西部の湾口部と対照的である。北岸は浜島町,阿児町,東は大王町,南は志摩町に囲まれた静かな内湾で,かつては西方のみ外洋に通じていた。1932年湾内と外洋との連絡を便利にし,さらに湾内の真珠養殖を冷潮被害から守るため通水をよくする目的で,船越・片田の旧村界線に沿って長さ550m,幅15mの深谷水道(船越水道)が先志摩半島の根もとで開削された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あごわん【英虞湾】

三重県志摩半島南端にある湾。隆起海食台が沈降したリアス式海岸。真珠の養殖が行われる。伊勢志摩国立公園の一中心。湾内に、賢島かしこじまがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕英虞湾(あごわん)


三重県南東部、先志摩(さきしま)に抱かれた湾。伊勢(いせ)志摩国立公園を代表する観光地。隆起海食台が沈水した湾で、支湾が複雑に入り込み多数の島嶼(とうしょ)・岩礁群が点在する。明治中期以降、真珠養殖の中心地として知られ、湾内には養殖施設が並ぶ。湾口北岸の浜島(はまじま)港は避難港で遠洋漁業の基地。湾奥の賢(かしこ)島は近畿日本鉄道志摩線の終点で、湾内巡りの観光船が発着する先志摩観光の拠点。沿岸の各所に観光・リゾート施設がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英虞湾
あごわん

三重県中東部、志摩半島と志摩市大王町波切(なきり)から西へ伸びる先(さき)志摩半島との間に抱かれた志摩半島中最大の湾。わが国最大といわれる隆起海食台地が侵食を受けて細かい河谷が刻まれたのち、ふたたび沈降して生じたもので、低平な台地の先が典型的なリアス式海岸となって波静かな内湾に没し、そのなかに賢島(かしこじま)、多徳(たとく)島、土井ヶ原(どいがはら)島、天童(てんどう)島、横山島など大小の島々が浮かぶ。その女性的な自然の美しさと、水面を埋める真珠養殖いかだの群は奥志摩の代表的景観として国際的に知られ、伊勢(いせ)志摩国立公園の中心である。近畿日本鉄道志摩線が通じ、大阪、名古屋と結ばれる。賢島からは周遊観光船、浜島、御座(ござ)、和具(わぐ)への定期船が出る。鵜方(うがた)西方の横山(203メートル)、志摩市大王町船越の登茂(とも)山(48メートル)、御座の金比羅(こんぴら)山(99メートル)などからの英虞湾の眺望はすばらしい。古くからこの内湾では「志摩の白玉(しらたま)」(天然真珠)で知られるアコヤガイを産するほか、定置網でイワシをとってカツオ釣りの餌(え)を供給していた。また湾内の多徳島は、御木本幸吉(みきもとこうきち)が1890年(明治23)初めて真珠養殖に成功した所で、以来英虞湾は養殖真珠のメッカとなった。賢島には国立真珠研究所があった(1979年に養殖研究所に統合、1983年南勢(なんせい)町、現在の南伊勢町に移転。その後、水産総合研究センター増養殖研究所となっている)。
 湾の周辺は近年急速に観光地化され、ホテル、別荘地、ヨットハーバー、ゴルフ場、水族館などがある。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英虞湾の関連キーワード賢島先志摩志摩志摩半島志摩[町]三重県志摩市志摩町片田三重県志摩市志摩町御座三重県志摩市志摩町越賀三重県志摩市志摩町和具浜島〈町〉

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

英虞湾の関連情報