コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大牟羅良 おおむら りょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大牟羅良 おおむら-りょう

1909-1993 昭和時代後期の評論家。
明治42年7月20日生まれ。沖縄戦線から復員,行商暮らしののち岩手県国民健康保険団体連合会に勤務,「岩手の保健」の編集長となる。昭和33年「ものいわぬ農民」で毎日出版文化賞,日本エッセイスト・クラブ賞。ほかに編著「戦没農民兵士の手紙」など。平成5年2月20日死去。83歳。岩手県出身。東京物理学校予科卒。本名は大村次則。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大牟羅良の関連キーワード菊池 敬一評論家

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android