コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(い)端 アイバ

デジタル大辞泉の解説

あい‐ば〔あひ‐〕【合(い)端】

石積み工事で、積み上げる石と石との接合する部分。合い口(くち)。
鉄道で、レールとレールとの継ぎ目に残してあるすきま。高温の季節に鉄が伸長することを予想してあけてある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の合(い)端の言及

【石積み】より

…野石積みは,天然のまま,あるいは割ったままで,ていねいな加工をしていない石を乱積(らんづ)み(不整形積み)にするもので,日本の石垣などに多く見られるが,西洋の石造壁にもしばしば見いだされる。切石積みは,石材をていねいに加工して,合端(あいば)(石壁の表面に近い部分での石材の接触面)を密接させる工法で,通例,直六面体に仕上げた石材を水平な層にして並べてゆく。石材の大小に応じ,厚い層や薄い層ができても,いずれも水平に積む。…

※「合(い)端」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合(い)端の関連キーワード合い口・合口・匕首郵便葉書端末装置合い口石積みCAT合口溶接