吉井 幸蔵(読み)ヨシイ コウゾウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

吉井 幸蔵
ヨシイ コウゾウ


肩書
貴院議員

別名
号=友昌 嘉左衛門

生年月日
安政2年10月(1855年)

学歴
海兵〔明治14年〕卒

経歴
明治2年私費で英国に留学、6年米独英3国に留学を命じられた。14年少尉補より海軍少尉となり、18年中尉に進み、以後比叡分隊長、軍事部出仕、参謀本部海軍部第3局課長を歴任し、海軍大尉となる。ついで西郷海軍大臣に随行して訪欧。24年家督を相続。のち海軍少佐に進み、日清戦争では武蔵副艦長として威海衛攻撃で戦功をあげ、金鵄勲章を受ける。のち侍従武官を経て、30年予備役となり、同年貴族院議員に当選黎明期にあった日本の海軍屈指の国際派として山本権兵衛を助け、海軍力の近代化に尽力した。

没年月日
昭和2年10月7日

家族
父=吉井 友実 息子=吉井 勇(歌人) 吉井 千代田(日本薬史学会常任幹事)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

20世紀日本人名事典の解説

吉井 幸蔵
ヨシイ コウゾウ

明治〜昭和期の海軍軍人,伯爵 貴院議員。



生年
安政2年10月(1855年)

没年
昭和2(1927)年10月7日

別名
号=友昌,嘉左衛門

学歴〔年〕
海兵〔明治14年〕卒

経歴
明治2年私費で英国に留学、6年米独英3国に留学を命じられた。14年少尉補より海軍少尉となり、18年中尉に進み、以後比叡分隊長、軍事部出仕、参謀本部海軍部第3局課長を歴任し、海軍大尉となる。ついで西郷海軍大臣に随行して訪欧。24年家督を相続。のち海軍少佐に進み、日清戦争では武蔵副艦長として威海衛攻撃で戦功をあげ、金鵄勲章を受ける。のち侍従武官を経て、30年予備役となり、同年貴族院議員に当選。黎明期にあった日本の海軍屈指の国際派として山本権兵衛を助け、海軍力の近代化に尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android