コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡一文字助光 よしおかいちもんじ・すけみつ

朝日日本歴史人物事典の解説

吉岡一文字助光

生年:生没年不詳
鎌倉末期の備前(岡山県)の刀工。鎌倉初期,福岡の地に則宗を祖とする福岡一文字が興ったが,末期には吉岡(岡山県赤磐郡瀬戸町)にも,やはり銘に「一」の字を冠する派が現れ,この派の刀工を吉岡一文字と称した。吉岡一文字には助義,助茂,助吉など「助」の字を通字とするものが多く,助光は同派の中で最も技量が優れると評価される。年紀作は永仁2(1294)年から嘉暦2(1327)年におよび,銘は「一 備前国吉岡住左近将監紀助光」と長くきり,紀姓で左近将監の官名を名乗ったことが知られている。代表作に国宝指定の元応2(1320)年銘薙刀元亨2(1322)年銘太刀があり,丁字乱れに互の目を交えた華やかな刃文に特徴を示している。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android