コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永仁 エイニン

大辞林 第三版の解説

えいにん【永仁】

年号(1293.8.5~1299.4.25)。正応の後、正安の前。伏見・後伏見天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいにん【永仁】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1293年から1299年まで、伏見(ふしみ)天皇、後伏見(ごふしみ)天皇の代の元号。前元号は正応(しょうおう)。次元号は正安(しょうあん)。1293年(正応6)8月5日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。永仁年間は、持明院統(じみょういんとう)と大覚寺統(だいかくじとう)の皇位継承をめぐる対立があった時期。持明院統の伏見天皇は1287年(弘安10)、大覚寺統の後宇多(ごうた)天皇の譲位により即位した。その後、伏見は自分の皇子(後の後伏見天皇)を立太子したために大覚寺統との間の確執が深まり、鎌倉幕府の介入を招いた。幕府の干渉が強まる中、伏見は1298年(永仁6)に後伏見天皇に譲位して上皇となり、院政を開始した。同年間の鎌倉幕府の将軍は久明親王(ひさあきしんのう)(8代)、執権は北条貞時(ほうじょうさだとき)(9代)。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

永仁の関連キーワード山形県南陽市池黒山形県南陽市赤湯万里小路藤房蒙古襲来絵詞永仁の徳政令本朝書籍目録祐尊(2)真阿(1)二階堂行藤姉小路高基良円(4)神道五部書永仁の徳政性覚法親王花山院家教世尊寺定成頼円(3)持明院統津守国助北条貞時

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永仁の関連情報