永仁(読み)エイニン

大辞林 第三版の解説

えいにん【永仁】

年号(1293.8.5~1299.4.25)。正応の後、正安の前。伏見・後伏見天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいにん【永仁】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1293年から1299年まで、伏見(ふしみ)天皇、後伏見(ごふしみ)天皇の代の元号。前元号は正応(しょうおう)。次元号は正安(しょうあん)。1293年(正応6)8月5日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。永仁年間は、持明院統(じみょういんとう)と大覚寺統(だいかくじとう)の皇位継承をめぐる対立があった時期。持明院統の伏見天皇は1287年(弘安10)、大覚寺統の後宇多(ごうた)天皇の譲位により即位した。その後、伏見は自分の皇子(後の後伏見天皇)を立太子したために大覚寺統との間の確執が深まり、鎌倉幕府の介入を招いた。幕府の干渉が強まる中、伏見は1298年(永仁6)に後伏見天皇に譲位して上皇となり、院政を開始した。同年間の鎌倉幕府の将軍は久明親王(ひさあきしんのう)(8代)、執権は北条貞時(ほうじょうさだとき)(9代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android